「小糸在来®」は、千葉県君津市の小糸川流域で守り育てられてきた大豆の一種です。
HOME < 生産の様子
小糸在来生産の様子

大切に育てています…

小糸在来®の生産の様子をご紹介します。

印刷用はこちら

は種作業


 は種作業

7月上旬から下旬にかけて種をまきます。
は種前には堆肥をまき、土づくりを
おこなっています。

種子は、毎年更新して、
品質の維持に努めています。

発芽後の様子


 発芽後の様子

種をまいてから2週間後くらいの生育の様子
夏の暑いなか、枝豆はすくすく育ちますが、
雑草も生えてくるので、機械で除草しています。

生産の様子


 生育の様子

開花期の生育の様子
一面に広がる枝豆畑。
この頃から、おいしい枝豆を求めてカメムシが
飛来し、実を食害しますが、極力農薬を控えて
栽培しています。

開花


 開花

白くて小さなかわいらしい花が咲きます。

調整作業


 調製作業

枝豆の出荷調製作業

品質の良いものを出荷するため、手間がかかりますが、お客様の「おいしかったよ」との言葉が
励みになります。

出荷


 出荷

東京市場へ出荷しています。

ぼっち


 ぼっち

大豆のボッチ積み風景。
昔ながらの方法で大豆を自然に乾燥させます。

オーナー制の様子


 オーナー制

10月中旬頃に枝豆として、11月下旬から12月上旬頃まで大豆(乾豆)として収穫できます。

詳細はこちらへ

小糸在来愛好クラブ事務局(JAきみつ営農課)
〒292-1147 所在地:君津市塚原185 電話:0439-32-2581 FAX番号:0439-32-4469