「小糸在来®」は、千葉県君津市の小糸川流域で守り育てられてきた大豆の一種です。
HOME < 小糸在来®とは
小糸在来とは

千葉県君津市小糸川流域で守り育てられてきた「幻の大豆」

    地元の一部の人しか知らなかった秋の味覚を「新たな感覚で」お楽しみください。

枝豆 「小糸在来®」は千葉県の代表的な在来大豆の「登録商標」です。 千葉県君津市の小糸川流域を中心に栽培が分布していた高品質大豆なのでこの名が付けられました。 当地では7月播種の晩生系です。実が若いうちに収穫すれば「枝豆」になります。

枝豆としては10月中旬から11月上旬頃までが収穫期です。甘味が強く、丹波黒並みの最高水準。 えぐ味の無い素直な味とほのかな香りも特徴です。市場では「北陸・東北地方の茶豆に勝るとも劣らない味」と評価されています。

大豆 
乾豆(いわゆる大豆)は11月下旬から12月上旬頃が収穫期です。
やや緑色で、粒の大きさは煮豆用などとして売られている大豆と同じ程度の、どちらかと言えば大粒です。乾豆も甘みの強い上品な風味が生きています。

枝豆・乾豆ともに、良質な在来系大豆としての特徴を活かした多様な加工品が開発、販売されています。
私達「小糸在来愛好クラブ」のメンバーのみが、厳正に栽培・調製された種子を用いて生産し、皆様にお届けしています。

現在の農作物の多くは、種苗業者や公的機関などが育種して「品種登録」したものですが、 小糸在来®はいつとは分からぬ昔から千葉県の小糸川流域を中心に伝えられてきたもので、 現在の意味での「品種」ではありません。

ただし、それでは「名前」と「品質」が結び付かず、しっかりした品質のものをお客様にお届けするのに問題があるので、 私たち「小糸在来愛好クラブ」が商標登録・種子の維持統一・品質を守れる会員だけの生産等、様々な工夫を重ねて取り組んでいるものです。

商標登録
小糸在来ロゴ

小糸在来®は登録商標です。
品質に責任を持つために「小糸在来®」を商標登録しました。

平成17年(2005)10月28日登録、商標登録番号:第4903986号。
適用範囲は大豆と枝豆です。以下のような行為は商標権の侵害となります。

  1. 他社の登録商標と同一または類似する商標を、
    同一または類似する商品や役務(サービス)に使用すること。
  2. 商標権侵害となるような商品を販売のために所持すること。
  3. 商標権侵害となる商標を表示したラベル、容器等を販売または所持すること。
  4. 商標権侵害となる商標を表示したラベル、容器等を製造または輸入すること。
  5. 商標権侵害となる商標を表示したラベル、容器等を製造するためにのみ用いる
    用具を業として製造、販売、輸入すること。
小糸在来愛好クラブ事務局(JAきみつ営農課)
〒292-1147 所在地:君津市塚原185 電話:0439-32-2581 FAX番号:0439-32-4469